2011/06/19

正規分布とは

正規分布は天才数学者アブラーム・ド・モアブルによって
1733年に発見されました。
世の中にある現象の多くが、統計dataを取るとこの配分的な
出方をする物が多く、未知の調査をする場合でも正規分布と
仮定して研究される事すらあります。(統計学定理)

自然界の事象の中には、正規分布に従う数量の分布を取る
物が多く発見されていて、ナンバーズの出目の合計値も
完全にこの正規分布の波形になります。
ナンバーズ3
これはナンバーズ3の合計値集計グラフです。
ナンバーズ3は3個の数で1個が最大9ですから合計値はmax27
真ん中の13、14を最大にして山形な波形になっています。
今回偶然と思われたかもしれませんが、これは何回してもある
程度のdataで集計すると必ずこうした出目状態になるのです。

正規分布はすでに研究され基本性質は判明しています。
正規分布1
正規分布2
平均値±標準偏差の範囲に全dataの34.13%×2の
約70%の値が収まるのです。

少なく共この範囲外は出難いのは数学的に確かな事です。
同様にしてナンバーズミニに適用すればベストな
合計値は6~12が有利
と言えます。

逆算すれば01とか99が出難いのはこの理論で証明できる。
そうナンバーズ系の出目は均等ではなく常に偏りを
持って発生しています。
見方を変えて感じれる違う偏りもすべてここの変化
が大きく影響してるのです。

余談だけど選挙速報で開票率がわずか数%で当確
TVで言ってるのを不思議に思った事ありませんか?
実はあれもこの正規分布理論の応用です。
選挙結果という一見予知不能と思える現象もこの法則
に従うために最初のわずかな結果を知る事で全体像が
わかるのです。
完全に単一な原因で変化する現象以外のほとんどが
これに従うまさに神の公式に近いと思う。

私達を応援クリックしてね!
ロト6予想

正規分布の発見者 アブラーム・ド・モアブル
1667年5月- 1754年11月・フランスの天才数学者です。
1685年にナントの勅令が破棄されるとイングランドへと亡命した。
したがって彼の業績はイングランドにおけるものであり、主な業績として
ド・モアブルの定理を証明したことが知られている。
また負の二項分布、(二項分布の極限としての)正規分布
今日スターリングの公式として知られる近似式なども彼の研究成果である。
正規分布3
常に出目数字が正規分布でいう山形のある狭い
レンジにあるわけではありません。
私達が実際にくじを買う場合はその範囲外も出現
しますからこの定理を応用すれるとその範囲外は
当選できない事になります。
ですがすべての可能性を相手に予想するのは資金的に
もできないからどこかで割切りが必要です。